トランスフォーマーシリーズの概要

トランスフォーマーシリーズの概要

トランスフォーマーシリーズは全部で4作品です。
2007年に1作目が公開され、圧倒的な迫力映像で大ヒットシリーズです。

現在は「トランスフォーマー4/ロストエイジ」まで出ていますが、2017年からトランスフォーマー5、6、7と1年に一作ずつ公開が決まっています。

過去作を見てるからこそ、痒い所に手が届く傾向が強いシリーズもの。
今のうちに4作まとめて見ておくと、今度更に楽しめると思います。

トランスフォーマーシリーズのまとめ

トランスフォーマーシリーズのまとめ

1.トランスフォーマー
2007年公開で、監督はマイケル・ベイ。
スピルバーグが創作総指揮という超豪華メンツが話題となった第一作目。

地球から遠く離れた惑星サイバトロンには、オートボットとディセプティコンという機械型巨大生命体が存在していた。
彼らはトランスフォーマーと呼ばれ、両者の争いによりサイバトロンは滅んでしまった。
トランスフォーマーの生命源である「オールスパーク」も宇宙のどこかに消えてしまった。

地球では、少年サムが中古車を購入していた。
憧れの美少女ミカエラを車に乗せるまで成功したが、突如車がロボットに変形。
そこから地球に落ちたと言われるオールスパークを狙うディセプティコンから追われる身となってしまった。


2.トランスフォーマー2/リベンジ
2009年公開で、監督はマイケル・ベイ。
一作目から2年後という設定の第二作目。

地球に残ったオートボットはアメリカ軍と連携しディセプティコンの生き残りと戦っていた。
しかし国家安全保障担当補佐官のギャロウェイは、ディセプティコンが地球に居るのはオートボットが居るからではないかと言い始める。
その頃サムは大学に進学し、新しい学生生活を楽しんでいたが、この戦いに巻き込まれていく。


3.トランスフォーマー3/ダークサイド・ムーン
2011年公開で、監督はマイケル・ベイ。
実際のアポロ計画とリンクさせてストーリーが進む第三作目。

アポロ計画の裏には大きな陰謀が隠されていた。
月の裏側に惑星サイバトロンから逃走したセンチネル・プライム、そして宇宙空間のワープ装置「スペースブリッジ」があった。

この情報を隠していた一部のアメリカ政府が隠していたことが判明。
一方サムは就職した会社をディセプティコンに襲われ同僚が死んでしまう。
再びサム、オプティマスとディセプティコンとの戦いが始まる。


4.トランスフォーマー4/ロストエイジ
2007年公開で、監督はマイケル・ベイ。
主人公サムが登場しない心機一転の第四作目。

時代は白亜紀。
そこに飛来した謎の宇宙船団が、地球を支配するために恐竜を絶滅させた。
そして現代。
人類は5年前の戦いで残ったトランスフォーマーの残骸からテクノロジーを盗もうとしていた。

一方、売れない発明家のケイドが壊れたトラックを持ち帰った。
娘の学費やローン返済のためにトラックを売りさばこうと修理し始めたが、そのトラックはロボットだったことに気付く。