エルム街の悪夢シリーズの概要

エルム街の悪夢シリーズの概要

エルム街の悪夢シリーズは全部で7作品です。
1984年に1作目が公開され、フレディを知らない人がいない程のアイコンになりました。

赤と緑のシマシマセーター。
長く伸びた鉄の爪。
これらのトレードマークを持つ殺人鬼フレディ。

作品が進むごとにフレディのバックボーンが明らかになっていくのもシリーズを見続けてしまう魅力の1つです。

エルム街の悪夢シリーズのまとめ

エルム街の悪夢シリーズのまとめ

1.エルム街の悪夢
1984年公開で、監督はウェス・クレイブ。
夢の中で人々を襲う殺人鬼、フレディの恐怖を描く記念すべき第一作目。

高校生のナンシーは、フレディの悪夢に毎晩悩まされていたが、気付くと夢の中で負った傷が実際に残っている。
夢か現実が区別がつかないまま、フレディに襲われていく。


2.エルム街の悪夢2/フレディの復讐
1985年公開で、監督はジャック・ショルダー。
前作の死闘を繰り広げたナンシー家は空き家になっていたが、そこにウォルシュ一家が引っ越してきたため、再び物語りが始まる第二作目。

引っ越してきて以来、爪の男に襲われる悪夢にうなされているジェシー。
家の前の住人であるナンシーが書いた日記をジェシーが発見し、フレディとの戦いを知る。
フレディがジェシーの体を乗っ取ろうと惨劇が始まる。


3.エルム街の悪夢3/惨劇の館
1986年公開で、監督はチャック・ラッセル。
一作目で死闘を繰り広げたナンシーが成長して帰って来る第三作目。

舞台は第一作目から5年後のエルム街。
女子高生、クリスティンはフレディによる悪夢に悩まされ精神病院に入院してしまう。
そこへやって来たのが、夢心理学の研究生となったナンシー。
フレディの魔の手から二人での戦いが始まる。


4.エルム街の悪夢4/ザ・ドリームマスター:最後の反撃
1988年公開で、監督はレニー・ハーリン。
前作から2年経ってもまだクリスティンはフレディに襲われる悪夢に悩まされるという設定の第四作目。

クリスティンはフレディに惨殺されてしまうが、最後に恋人の妹アリスを夢に呼び込むことに成功。
夢を自在にコントロールできる「ドリーム・マスター」アリスとフレディの死闘が始まる。


5.エルム街の悪夢5/ザ・ドリームチャイルド
1989年公開で、監督はスティーヴン・ホプキンス。
前作生き残ったアリスの身籠った赤ちゃんにフレディが目を付けた第五作目。

アリスの身籠った赤ちゃんの夢の中に侵入したフレディ。
赤ちゃんを乗っ取って生まれてこようと企むが、これに気付いたアリスが死闘を挑む。


6.エルム街の悪夢/ザ・ファイナルナイトメア
1991年公開で、監督はレイチェル・タラレイ。
名目上では完結編とされた第六作目。
前作から闘い続けたキャラクター達は今回は出演しない初めての作品。

エルム街から近い町で更生施設のカウンセラーとして働くマギー。
そして、かつての悪夢を体験したという少年ジョンと出会う。
マギーはその悪夢がかつて見た悪夢に似ていると気付く。
悪夢の秘密を解くために、エルム街に乗り込みフレディとの対決が待っていた。


7.エルム街の悪夢/ザ・リアルナイトメア
1994年公開で、監督はウェス・クレイブ。
一作目の監督であるウェス・クレイブが自らメガホンを取り完結編とした第七作目。

映画『エルム街の悪夢』が実在する現世(我々が生きている世界)という設定。
実在の脚本家であるウェス・クレイヴンがリメイク版を作ることが決定し、オリジナルメンバーを結集させた。

ウェスが書いた脚本通りの不可解な出来事が起きてしまい、ついに脚本で書いたと通りにフレディも現世に復活。
現実と夢の境界が曖昧になっていき、フレディとオリジナルメンバーが闘っていく。

エルム街の悪夢だけにとどまらず、映画のネタバレを語りたい人におすすめのサイトがあります。